UA-52539888-1
亀田木遣りと岩燈籠押合いまつり

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



updated 2017-09-10


このページは小学生にもわかりやすいように記載しています。

起 源

mantou.tai.jpg大正時代の全盛期だった頃 本町通り仲町付近と思われる亀田の諏訪神社(すわじんじゃ)は、中谷地新田(なかやちしんでん)(今の諏訪神社・本町のあたりで、亀田といわれる以前の地名です)に江戸時代の始めの頃、長野県にある諏訪神社の中心地より神様を分けていただいたそうです。
むかしは大雨や洪水、晴れ続きの時には雨をお願いしたり、災害にならないようにお祈りしたり、畑や田んぼからとれる食べ物がたくさんできるように神さまへお願いした場所でした。

そして、三重県伊勢(みえけん いせ)の神さまも分けていただいたとのことです。
勉強の神様、ちょうどいい雨を降らせ農業を守る神として、京都(きょうと)の神さまをまつり、香川県(かがわけん)の金毘羅宮(こんぴらぐう)の神さまを、水上交通と福の守り神としておまつりした。
この3つの神さまを諏訪神社の中に集めました。

 人たちは、8月15日に伊勢の神さまをお迎えして、諏訪神社でお祭をしました。
つぎの年の8月14日、去年のにぎわいが忘れられず、夜に伊勢の海の岩ににせたものを作り、神さまを呼び岩座(いわくら)(神さまがいるところ)とし、灯りを点けて、掛け声や歌で諏訪神社で祭りを行った。これが岩万燈祭りの始まりとされています。

そのにぎわい盛んにして、岩をかたどった岩万燈は数を増して4台になっていった。
各組は競って組の力を神さまに捧げるので、農業の人、船にのる人、町に住む人が競い、こうした岩万燈からうまれた力は、村を水から防ぐ工事や、新しい農業をする土地を切り開く力となっていき、亀田の発展、賑わいとなっていったのです。

歴 史

mantou2a.jpg若い衆の力がみなぎる 現在と同じで燈籠には人形の飾りが見られる左の写真は古い形の岩万燈で、稲葉の「鯉の滝のぼり」と東船場の「養老の滝」(ようろうのたき)の押し合 いといわれています。

ブリキ板を細く切って下げた滝で、上へ登りついた大勢の船場の岩万燈の人たちが手足を切った年だという。

骨組みの上へ、たたみ8畳くらいの渋紙(しぶがみ)をかぶせて、大事な部分を止めただけのおおざっぱな構造(こうぞう)で、木組も細く重さも軽い。

若い人たち20人で押せたというから、現在の岩万燈の半分くらいの重さ。押し合いに負けても一晩でなおし、若い人たちを増やして敵討ち(かたきうち)に目の色をかえ、素人相撲(しろうとずもう)の横綱(よこずな)を呼び、相手側全員を堀に投げ込 んだという。(現在の本町通りや市場通りはその頃、堀(川)だった。)
mantou3a.jpg祭り見物の群衆にも当時の活気がうかがえる古い写真には白い夏制服に制帽姿の警察官がのんびりと見物しており、カンカン帽、パナマ帽、麦わら帽、菅笠(すげがさ)、ハチマキと多彩だが、押合いに参加している若い衆は、全員ハチマキ、下着姿で観客とは区別されている。

昭和時代

mantou51.jpg復活した頃の岩万燈昭和時代になり岩万燈まつりはとてもにぎやかになりました。
まつりのおこなわれた3日間、昼夜関係なく万燈を押していました。
しかし昭和7年を最後に岩万燈まつりは途絶えてしまいます。岩万燈が行われなくなった詳しい理由は伝わってはいませんが、ケンカが激しさを増した事や当時の時代背景やなんらかのその他の理由で途絶えてしまったのでしょう。亀田まつりの岩万燈はその姿を消してしまうこととなったのです。その後、戦争の拡大により祭りどころではなくなり、人々の記憶から岩万燈は消えかけていました。

時が過ぎ岩万燈を知らない世代が亀田で活躍する昭和40年代後半
町の長老から聞いた岩万燈という聞きなれない祭りの話
若い世代が興味を持ち、昔の日記や資料を読み研究して
岩万燈を作り、亀田木遣り、お囃子(はやし)を練習して
昭和50年に再び岩万燈が亀田の地に蘇えったのです。

右の写真は、「天の岩戸」物語(あまのいわと)

昭和50年に43年ぶりに復活(ふっかつ)して2年目で大岩万燈を2台製作し、初めて押し合いをやった年です。

押し合いもでき、5番勝負しましたが、お互い疲れて最後の決戦がやれず、1番組、2番組とも2勝2敗で引き分けでした。

下の写真は、昭和55年「八岐の大蛇」物語(やまたのおろち)

激しい風と雨の中でやった押し合いで、路面(ろめん)は滑り、立てるときには根取り(中心の心棒を押さえる)の人たちが必死になって、すべり止めの麻袋(あさぶくろ)を噛ませても2メートルも横滑りして、ようやく立ち上がり、服はびしょびしょで寒く、お酒の力でがんばったお祭りで、和紙もはげ落ちて下にはった厚紙地が出て雨を吸ってしまい、重さも2倍になり、苦しい年だったそうです。

mantou55.jpg雨に濡れた岩万燈大岩万燈003.JPG昭和50年復活の岩万燈 鯉の瀧登り大岩万燈002.JPG昭和51年復活2年目の岩万燈  天の岩戸の物語 佐藤 伸 氏撮影

平成時代前期

この頃はお祭りに参加する人が少ない頃で、人集めに苦労していました。
写真をみてもわかるでしょうが、岩万燈を小さくして、軽くしていました。
それにより、岩万燈は壊れやすくなり、2~4年程度で作りかえていました。

mantou2.jpg
間を割って入っていた御幣太鼓(ごへいたいこ)が抜けて
まさにぶつかった瞬間です。
お互いが5m位離れた所から番丁(ばんちょう)を合図に激突します

御幣太鼓とは?・・・岩万燈を先導(せんどう)する太鼓で、押合いの時には真ん中に入り、2台を分けます。太鼓と笛でお囃子を奏でます。

番丁とは?・・・木でできている拍子木 四角く細長い棒2本を叩き、「カンカン」と甲高い音を鳴らす道具です。高音で遠くまでよく響きます。

mantou3.jpg力と力の均衡で、お互い譲りません
この時には時計周りに回転しています
「角持ち」という役の人が指示を出し、自分の組を優位に運びます
岩万燈では「根取り」という役の人が自分の組の根を守っています

角持ちとは?・・・岩万燈の木枠の4ッつの角を一人づつ4人で担当します。
両側に指示を出しやすく、方向を変える力をつけやすい角を持つことで、岩万燈全体のバランスを保ちます。この役は岩万燈を熟知し経験を積んだ若衆が務めます。

根取りとは?・・・1本足の岩万燈の木の柱を守ることと、錘となって根が浮くことを防ぎます。移動の際は根から両側にロープを張り、スピードの調整と、方向の舵取り役もしています。この役は体格のしっかりとした古参の若衆3人が務めます。

mantou4.jpg
1番組(連獅子の赤)が一方的に押して、勝負がつきました
番丁の合図が入り、押合いは終了となります
押合いは短時間で決着がつきます
一方的に押し込み危険な場合はすぐに番丁が入ります
押合いが均衡した場合は20秒ほど続く場合もあります

mantou0.jpg
御幣太鼓が割って入り両者を分けます
熱が入るとなかなかおさまりません