UA-52539888-1
亀田木遣りと岩燈籠押合いまつり

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



updated 2017-09-10

mantou55.jpg
八月二十六日亀田諏訪社秋季祭礼の夕べ
二台の大岩万燈が
本町通りで豪壮に立ち上がり
双方が激突する様は
他に類を見ない独創的な構造から
迫力溢れる押し合いを展開する

一本足の杉丸太に木格子を組み
その上に竹と紙で頭でっかちな大岩を作り
神話や物語の名場面の人形などを作って正面を飾り立てる
裏面は垂直の二重格子に張り紙だけだ
上下表裏が不均等な形である

格子を路面に低い姿勢の岩万燈が
木遣りに合わせて立ち上がったとき
高さ 大きさ 勇ましさ
二台の岩万燈が格子を合わせて激突した時
観衆の頭上で一つの大岩がもみ合い
均等した本来の形となり
木組に衆力が集中し
大岩は宙に浮き
雁木に激突する

岩万燈

  • いわまんどう(いわまんとう) 

亀田の方言で「いわまんどう」と言います。
新潟市近郊には「燈籠」を使ったお祭りが多く見られますが、その中でも亀田の祭り燈籠は他に類を見ない岩を模った燈籠です。
文献によれば天明元年(1781年)3月9日、神霊代(みたましろ)を居浦に迎え、二見浦の岩形を岩座(いわくら)とし、船頭水夫たちは亀田木遣り歌も声高く、諏訪神社の境内へ祀った。とされている。これが岩万燈と木遣りの合体の始まりだとしている。

文献に残っている最大級の大きさは、高さ18尺(約5m45cm)、横幅13尺(約3m94cm)、厚さ奥行き7尺(約2m12cm)、重さ80貫目(約300kg)となっている。これは昭和50年の大岩万燈復活の時に、一度だけ再現されている。
現在の大きさは高さ約4m30cm、横幅約3m70cm、厚さ奥行き約2m、重さ約300kgです。

IMG_2992.JPG

故郷を愛し 岩万燈を愛する後輩たちへ

2016.09.10
LinkIcon日記、28年写真更新しました(今年の押し合い結果報告)
2015.09.02
LinkIcon日記、27年写真更新しました(押し合い結果報告)
2014.08.31
LinkIcon日記、26年写真更新しました(押し合い結果報告)
2013.08.31
LinkIcon日記、25年写真更新しました(今年の押し合い結果報告)
2013.02.11
LinkIconトップページ更新しました(スライドショー Facebook Twitterボタンを追加)
2012.09.22
LinkIcon平成24年祭り更新しました(アルバム「記念撮影」、日記、映像「昼巡行」を追加)
2012.01.15
LinkIconFacebookページへリンクしました 下記参照
2011.11.05
2011.10.23
LinkIconホームページ内容を新しくしました

かめだを紹介するポータルサイト「マイタウンかめだ」
亀田地域のお店の紹介や見どころ、季節のイベント情報などが掲載されています。
この亀田大岩万燈のホームページはこのサイトにあります。

マイタウンかめだLinkIcon

7月14日、15日に亀田袋津の伊夜日子神社で行われる燈籠まつりです。袋津地域から5台の燈籠が街を練り歩きます。途中では燈籠同士の押合いや、神社では神楽の奉納や宮昇りなどがおこなわれる活気あふれる祭りです。

袋津燈籠まつりLinkIcon

所島にある草薙神社でおこなわれている火祭りです。
立秋の頃 8月8日に神社の境内にロウソクを並べるお祭りです。とても幻想的な雰囲気の中おこなわれるお祭りです。

所島草薙神社百八灯LinkIcon