UA-52539888-1
亀田木遣りと岩燈籠押合いまつり

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



updated 2017-09-10

2016.8.26

IMG_3266.jpg

龍組 真田幸村(信繁)   鯉組 徳川家康

今年も8月25日、26日と2日間にわたり、亀田まつりが盛大に行われました。
25日は朝から暑く猛暑の1日でした。昼巡行は暑かった。
夜巡行は気温も少し下がり夏の祭りらしいお天気でした。

26日は朝から曇り空。まずまず過ごしやすいお天気でしたが
午後10時頃に寒冷前線が通過という見通しで、夕方から雲行きが怪しくなり
2回目の押し合いと宮のぼりは土砂降りの中おこなわれました。
その後3回目の押し合いの時には雨もあがり、最後まで降らずに終えることができました。

今年のテーマは龍の「真田幸村」と「徳川家康」
大河ドラマの登場人物からの題材となりました。

先行は昨年の3回目押合いの勝者 龍組からスタート
先に神社を目指します。

今年の勝敗の結果は
第1回押合い(亀田仲町バス停前)・・龍組の一気押しで勝敗の決着がついたのですが
                  鯉組の岩万燈が倒れてしまう事態に。
                  2人のケガ人をだしてしまう結果となりました。
                  報告では全部で4人のケガ人という報告もあり
第2回目押合い(諏訪神社前通り本部前)・・龍組の優勢押しで勝利
(宮昇りの先行は先発の龍組となった)
第3回目押合い(諏訪神社前通り本部前)・・鯉組の一気押し込みで勝利
(これで来年の先行は鯉組となった)
第4回目押合い(新栄信用組合上町支店前)・・・両者ゆずらずいい押し合いとなった。
                       引き分けだろう

今年はケガをした人2名、救急車で運ばれる事態となってしまいました。
活気のあるいい祭りでしたが反省点の多い押し合いとなりました。

milk_btn_pagetop.png