UA-52539888-1
亀田木遣りと岩燈籠押合いまつり

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



updated 2017-09-10

2014.8.26

IMG_2057.JPG

鯉組 武蔵坊弁慶   龍組 牛若丸(義経)

今年も8月25日、26日と2日間にわたり、亀田まつりが盛大に行われました。
25日の夜は小雨の中の木遣り夜巡行、亀田甚句流しでした。26日も朝から雨の中での木遣り昼巡行となりましたが、雨も午後からやみ、夜には涼しい中での大岩万燈押し合いとなりました。

来年迎える岩万燈復活40周年の前年での今年のテーマは弁慶と牛若丸
今まで一番多く題材とされたものを採用しました。
先行は昨年の3回目押合いの勝者 鯉組からスタート
先に神社を目指します。

今年から押し合いの場への入場方法を変更した。
音頭取りの木遣りとともに入場。各組の土俵入りのように演出をした。
これにより時間の効率化を図ることができた。

今年の勝敗の結果は
第1回押合い(亀田仲町バス停前)・・龍組の一気押しで龍組の勝ち
第2回目押合い(諏訪神社前通り本部前)・・龍組のうっちゃり押しが入るも鯉組の勝ち
(宮昇りの先行は先発の鯉組となった)
第3回目押合い(諏訪神社前通り本部前)・・鯉組の一気押し込みで鯉組勝利
(これで来年の先行は鯉組となった)
第4回目押合い(新栄信用組合上町支店前)・・・鯉組の一気押し込みで鯉組の勝利

今年は大きなケガをした者もなく、無事終えることができた。
2回目の宮のぼりを決める押し合いにおいて、勝者の決定に疑問が生じたことは来年への課題となった。
例年になく盛り上がった祭りだったが、来年への反省点や課題も多い年となった。

milk_btn_pagetop.png